タグ: 緊縛

蔵出し141

2000年頃のラクガキが続きます。

相変わらずの浣腸なんですが、今回は大腸の奥までチューブを通して何かを詰められた模様。描いた本人なのに覚えていませんが、どうやらタイル目地や壁のヒビ割れの補修に使うアクリル樹脂系充填剤かと思われます。週末はホームセンターを3〜4件ハシゴして、各店の商品と売り場をだいたい把握しているホムセンマスターの異名を持つ私の推理ですが。

というかこれ、シリコン浣腸より質悪いです。アクリル樹脂って2時間ぐらいで硬化し、24時間経つと完全硬化。セメントみたいにカッチカチになりますから。それに硬化前は水溶性でも、固まったら耐水性・耐候性・耐衝撃性があるため有機溶剤でも溶けません。S状結腸なんかに詰めたりしたら、マジ詰んで排泄できないです。外科手術じゃないと取り出すの無理でしょう、たぶん。

注入した後に「カッチカチやぞ、ゾックゾクするやろ」などと聞かされて、女の子は絶望の表情。まさに下衆の極み、鬼畜の所業…誰だこんな酷いこと発想して描く奴は? って、私か。

ということで、腸に変なものを詰めるのは絶対やめましょう。ホムセンマスターとの約束だぞ?

ザブングル加藤(隕石)

おまけ:昔描いた加藤。


蔵出し139

2000年前後のラクガキです。セルフ浣腸ですが拘束されてムリヤリやらされている模様。お尻には太くて長いインフレータブルなものがズッポリ挿さっています。ああ、またもや妄想が…

 おらっ、もっとポンプ握れよ。まだ洗面器半分も減ってねーぞ。石鹸水2リットル作ってあんだから、全部入れるまで泄させねーかんな。別にゆっくり入れたって構わねーが、時間が経つほどカリ石鹸は効くぞ? 苦しむのは自分だかんな。俺は優しいから親切で言ってやってんだ。そうだ、もっとギュッギュ握って腹に注ぎ込めよ。直腸ん中でキッチリ膨らませて栓してっから、ウンチが漏れる心配はねーぞ。頑張れー(笑)
 なんだ? お前、気持ちよくなってきたんか? 前の穴から物欲しそうにヨダレ垂らしてんじゃねーか。こんな酷ぇ目に遭ってるつーのに変態か? 普段から自分でもアナニーしてんだろ? アナル拡張してねーとこんな太いモン挿さんねーし。浣腸慣れしてねーと普通200ccも入んねーぞ。大人しい顔して裏では変態プレイか? うわ、マジか。親が見たら泣くなー(笑) バッチリビデオで撮っといてるから、あとで親に送っといてやんよ。あぁ? 泣くなよ。ちゃんとこっち見て笑え。じゃねーと1時間はこのまんまだぞ。
 んー、だいぶ入ったな。でもお前みたいな変態には2リットルじゃ物足りねーか。じゃ、俺が小便足してやんよ。嬉しいだろ? ま、遠慮すんなよ。子供が遠慮なんかすんじゃねーよ。う…(ジョボジョボジョボ…ポチャ…ポチャ)ふーっと、スッキリしたー。おー泣くほど嬉しいか。おら、ポンプ握れよ。さっさと入れねーとさらに倍プッシュすっぞ。どんどん入れてけー(笑)
 もう洗面器の底が見えてきたな。腹も妊婦みたいに膨らんでんなー。おー全部入ったか、偉いぞ。じゃ、俺からのご褒美だ。前の穴が寂しがって泣き濡れてっから、俺のモノで慰めてやんよ。ん? その前にトイレだって? 便器がここにあんだから、トイレ行く必要なんかねーだろ? お前は便器なんだよ。これから男に使ってもらって喜ぶ便器に改造してやっから。黙って腹ん中に糞小便溜めときゃいーんだよ。クソが。
 でも俺は優しいかんなー。俺がお前の穴に精液ブチ込んだら、同時に腹ん中のモン吐き泄させてやっから。すげー気持ちいーぞー。排泄とアクメ同時にキメたらもう普通のセックスじゃ満足できねーかんな。さ、覚悟しとけよ…

うん、なかなかゲス野郎な感じになったかと。少女を監禁凌辱できる奴なんてたいていサイコパスですから。私はその才能がないので実際やるのは無理ですが、だからといってみなさんが才能発揮しちゃダメですよ。二次元上の妄想で完結させましょ。


蔵出し134

2012年のラクガキです。謎の器具で3穴責めの図。構造は不明ですが盛り上がった陰唇と肛門の様子からすると、中でかなりの大きさに膨らんでいるようです。拘束を解いてもおそらく自分では抜くことができないでしょう。女の子になんて酷いことをするんでしょうか。

3穴責めと言えば中世ヨーロッパに苦悩の梨という拷問器具があります。金属製の洋梨形をしたもので、口や膣、肛門に挿入し、ネジを回すとくちばし状に拡がるようになっています。拷問用ですから、最終的には限界まで拡げて肉穴を破壊するのが目的とか。怖いですねぇ。

でも現存する苦悩の梨を調べたところ、肉体を破壊できるまでの強度がなかったそうです。そのため拷問ではなく、膣が狭くて自然分娩の難しい妊婦のアソコを徐々に拡げるための医療機器だったのではないかとも言われています。中世ヨーロッパの手術は麻酔を用いず、縫合ではなく焼きゴテで止血するなどほとんど拷問状態だったようで、会陰切開や帝王切開のような外科的アプローチがほとんどありませんでしたから。用途は違えど苦悩の梨はクスコ(膣鏡)の前身みたいなものかもしれません。

ネットで調べてみたらクスコのように膣口を拡げて診察や治療に使うものとは別に、自然分娩や人工中絶をスムーズにするため、外科的処置を行わずに子宮口を拡張する医療器具を見つけました。子宮頸管などに挿入し、膣内の水分を吸わせて膨張するラミナリアやラミセル、ダイラパン、バルーン(風船)に滅菌蒸留水を注入して膨らませるメトロイリンテルなどがあるそうです。

甚だ不謹慎ですが、タンポンすら挿れたことのない少女にこういうデバイスを挿入したまま日常生活させるのは面白そうですね。

 朝、保健室に来た少女を昏睡させます。尿道カテーテルを挿入してバルーン留置。排尿させながら、ゾンデ(消息子)やクランプ(鉗子)を使って処女膜を破らないよう膣内にラミナリアを複数本を挿入してやります。少女が目覚めた時には無垢な割れ目から抜去用の糸やカテーテルがぶら下がった状態に。下腹部の違和感に何かが埋め込まれたのを直感し、不安になる少女。ステンレス製トレーに置かれたそれらの器具を見せびらかして脅してやれば、下手に触れることもできないでしょう。太ももにウロバック(蓄尿袋)を固定し、教室に戻るよう命じます。
 得体の知れないものを挿れられた恐怖感と、下腹部にのしかかる圧迫感に耐えながら少女は授業に戻らなくてはなりません。少女の子宮を圧迫するのは本来妊婦に使われるもの。ラミナリアが体内で徐々に膨らんでくると、少女は鈍痛や吐き気に襲われました。食事もろくに摂ることができません。
 5時限目が終わる頃、ラミナリアは水分を吸って2倍以上に膨張。下腹部が見た目にもぽっこりと膨らんできました。スカートからはみ出すウロバッグを気にする余裕もなく、放課後になり保健室に駆け込む少女。泣きついてきた所で全裸になるよう命じます。口に布を噛ませてベッドの上で股を開かせたら、糸やカテーテルをまとめて掴み、一気に引き抜いてやります。内部から破壊される破宮の痛みに少女は悲鳴を上げ、ベッドの上に血まみれの器具が散らばります。
 少女は目に涙を溜めながら息を荒くし、壮絶な痛みの余韻でお腹を上下させています。ですがこれは子宮奥深くまで挿入するための前準備。これからさらに酷い苦痛、そしてその先に待つ快感を身体の奥深くに刻まれることを少女はまだ知りません。

…うおおおお、オラ、ワクワクすっぞ! ああ、イカンイカン。妄想はこれぐらいにして作品の続きに取りかかることにします。


蔵出し127

2015年のクリスマスに描かれたラクガキです。聖夜に露出調教って感じでしょうか。多分。

肩に背負った2リットルペットボトルからお尻に液を注入され、菱縄縛りでお腹まで圧迫されちゃっています。でも仕込みローターでしっかり感じちゃっているあたり、なかなかのマゾ上級者のようです。この後クリスマスのイルミネーションで浮かれるカップルの前で噴水をプレゼントしちゃうんでしょうね。サンタもビックリです。

と、まだ半年も先の話じゃないですか。季節外れも甚だしいぞ。というかH·H·G²は去年リリースするつもりだったのに、もう半年以上経ってしまいました。CG差分のはずが、アイデアが浮かんで新たに違うポーズを描いてしまって作業数が増えちゃうせいです。

差分のはずが全然違うポーズに

でもこれ以上延ばし延ばしするとモチベが下がるのでいい加減自重しないと…でもいよいよCG達成率80%超えました。腕と肩と背中にアン●ルツ塗りたくってラストスパートです。


蔵出し125

古いラクガキが続いたので、比較的新しい2016年のラクガキを。私にしては珍しく男との絡みです。でも挿れている穴が違うのは私らしい。

縄で吊るされた挙げ句、浣腸と排泄を繰り返して腸内を空にされ、肛門拡張の末、無理矢理肉棒を出し挿れされている女の子。想像を絶する痛苦ですでに意識朦朧、抵抗する力を失っているようです。でも戸惑いの表情からして肛門の快感に目覚めるのは時間の問題でしょう。ハッピーエンドですね、めでたしめでたし。

さて、ツイッター(@catwhiskerjp)でもつぶやいたのですが、このサイトを置いているレンタルサーバー(ア●ハイム)が2023年9月30日にサービス終了することになってしまいました。サーバーが停止する前に引越先を探さなくてはなりません。まいっちんぐマチコ先生です(古)

しかし私が利用したサーバー会社が経営破綻するのはこれで3社目…私は疫病神かなんかでしょうか?