月: 2023年6月

蔵出し127

2015年のクリスマスに描かれたラクガキです。聖夜に露出調教って感じでしょうか。多分。

肩に背負った2リットルペットボトルからお尻に液を注入され、菱縄縛りでお腹まで圧迫されちゃっています。でも仕込みローターでしっかり感じちゃっているあたり、なかなかのマゾ上級者のようです。この後クリスマスのイルミネーションで浮かれるカップルの前で噴水をプレゼントしちゃうんでしょうね。サンタもビックリです。

と、まだ半年も先の話じゃないですか。季節外れも甚だしいぞ。というかH·H·G²は去年リリースするつもりだったのに、もう半年以上経ってしまいました。CG差分のはずが、アイデアが浮かんで新たに違うポーズを描いてしまって作業数が増えちゃうせいです。

差分のはずが全然違うポーズに

でもこれ以上延ばし延ばしするとモチベが下がるのでいい加減自重しないと…でもいよいよCG達成率80%超えました。腕と肩と背中にアン●ルツ塗りたくってラストスパートです。

created by Rinker
Ayayu
¥1,738 (2024/05/26 01:43:56時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Source
¥3,630 (2024/05/26 01:43:57時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
アンメルツ
¥470 (2024/05/26 02:22:42時点 Amazon調べ-詳細)

蔵出し126

まあまあ新しい2019年のラクガキ。ツインテールのロリがお尻を自主トレーニングしています。お腹がぽっこりするまで浣腸した挙げ句、挿れたら簡単には抜けそうにないアナルプラグを自重で押し込むようです。がんばっている女のコってかわいいですね。

一人遊びなのかご主人サマの命令なのか、どちらにしてもこの子を満足させることは相当難しいでしょう。苦痛を快感と感じてしまうようなドMになると、それこそ責めがエスカレートして命を危険に晒してしまいかねません。浣腸でさえ心臓に結構負担がかかりますから、小さい子への大量浣腸なんて想像だけに留めておきましょうね。ではお決まりの一文。

この女の子は特殊な訓練を受けています。絶対にマネしないでください。


蔵出し125

古いラクガキが続いたので、比較的新しい2016年のラクガキを。私にしては珍しく男との絡みです。でも挿れている穴が違うのは私らしい。

縄で吊るされた挙げ句、浣腸と排泄を繰り返して腸内を空にされ、肛門拡張の末、無理矢理肉棒を出し挿れされている女の子。想像を絶する痛苦ですでに意識朦朧、抵抗する力を失っているようです。でも戸惑いの表情からして肛門の快感に目覚めるのは時間の問題でしょう。ハッピーエンドですね、めでたしめでたし。

さて、ツイッター(@catwhiskerjp)でもつぶやいたのですが、このサイトを置いているレンタルサーバー(ア●ハイム)が2023年9月30日にサービス終了することになってしまいました。サーバーが停止する前に引越先を探さなくてはなりません。まいっちんぐマチコ先生です(古)

しかし私が利用したサーバー会社が経営破綻するのはこれで3社目…私は疫病神かなんかでしょうか?

created by Rinker
オロナイン
¥1,466 (2024/05/25 17:56:41時点 Amazon調べ-詳細)

蔵出し124

1995年に描かれたラクガキです。なぜ年がわかるかというと、この裏に「コミケットアピール48/1995.6.17」が刷られているから。前回の記事のチラシと同時期にサークルスペースに配られていたものだと思います。印刷が劣化していて所々読めないのですが、見出しに「今年成人を迎えるコミケットの為に」と故・米沢嘉博代表の言葉が書かれています。今やコミケが始まって50年近く経つそうですから、えらく古いものを引っ張り出してしまいました。

そんな昔話よりラクガキの方。バリバリのボンデージに包まれたお姉さんが快感を貪っているの図。今でも手足がツルツルテカテカの素材で包まれているのが大好きなので、30年近く前なのによく描けているなと自画自賛。でも最近はロリでないと興奮しない体になってしまったので、もっと頭身を下げて描き直したいです。

いや、そんなヒマないんですが…