体はそんな丈夫な方じゃないんですが、私、入院だけはしたことがないんです。顔面強打して血まみれになっても、急性胃潰瘍で吐きながら床転げ回っても、麻酔なしで肛門にメス入れられても、椎間板ヘルニアでまともに立てなくなっても、治療後には待合室で待たされて自分の足で帰る感じ。たぶん私は医者に嫌われているんでしょう。

昨今コロナ禍ですが、何とか周囲も家族も感染しないで済んでいます。でも油断は禁物。できる限り病院のお世話になるようなことは控えたいものです。健康マジ大事。

アナル拡張後

さて今回のラクガキ。最初にお断りしておきますが、写真のトレスです。ネットで拾った画像なので出所はわかりません。でもまんまだとアレなので背景足したりとか大幅に手は加えました。パース狂っててもご愛敬ってことで。

エロマンガでは定番(?)の悪徳医師がアレやコレやして、患者として監禁しちゃうやつです。もうS字結腸の方まで色々「治療」を受けてしまったようで、当分退院はできなさそうですね。むしろ嬉しそう。

しむらー、うしろ

で、入院が長引いていることに心配になったお友達がお見舞いに来てくれたようです。でも「しむらー、うしろ、うしろ」とドリフ世代なら言いたくなるような、怪しいお医者さんの魔の手が…

この子も仲良く一緒に入院することになりそうです(ニッコリ

created by Rinker
ムーニー
¥2,150 (2024/02/29 22:05:19時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Reckitt Benckiser(レキットベンキーザー)
¥1,600 (2024/02/29 03:25:19時点 Amazon調べ-詳細)