2004年のラクガキ。局部を描いていないので、モザイクかける手間がなくてラクです。

緊縛して浣腸後、バイブ挿入してオムツを穿かせて放置。漏らした後に拘束を解いて余韻を愉しませているって感じでしょうか。羞恥による精神崩壊と排泄の快楽がない交ぜになっている感じが我ながらいい感じに描けていると思います。

心理学者フロイトが「肛門期」と称して小児性欲を肛門中心に考え、幼児期のトイレトレーニングでパーソナリティーが形成されると書いていました。フロイトの本を読んだら肛門、肛門ってウンザリするほど書いてあったので、すっかり私も肛門性愛者に。いや関係ないし。

でも排泄っていうのは人間の三大欲求「睡眠欲」「食欲」「性欲」から外されていますが、実際のところ立派な欲求の一つなんですよね。我慢したり溜め込んだあとに出すとスッキリして快感ですから。ただそれを認めちゃうとなんだか人間として終わっちゃう気がするのか、大っぴらには言えないわけで。裏三大欲求って感じでしょうか。すると後は「征服欲」「被虐欲」って感じでSとMになるのかしら。

なんか難しそうな話になってきたので、結論として「アナルっていいよね!」ってことでまとめさせていただきます。異論は認めない。

created by Rinker
¥1,430 (2024/02/22 09:24:06時点 Amazon調べ-詳細)