蔵出し172

おそらく2003年頃のラクガキ。SMプレイでは定番のアームバインダーで拘束して浣腸の図。

少女の首にはカルテがかけられ、アームバインダーのタグには1,000ml の注入が指示されています。どこかの悪徳医師が入院治療と称して拉致監禁しているんでしょうか。よく見ると前の穴にもバイブが挿入されています。どこかの病院の地下でこんな行為がされているのかも、と思うとワクワクしますね。

って、まさかこんなこと実際にしている人がいるんじゃないでしょうね。本当だったら先生は悲しいです。ハイ、みんな机に伏せて。先生怒らないから正直に手を挙げなさい。今言えなかったら先生のXにDMしてもいいですよ…


蔵出し171

みなさまは黄金週間エンジョイ勢でしょうか? 私は世を忍ぶ仮の姿で連休なく出勤しております。貧乏ヒマなし。

さて今回は2010年頃のラクガキ。蔵出し167 ほどじゃないですが集団凌辱です。というかあの記事は♥のクリック数が史上最多で人気でしたね。みんなこういうの好きなの?

ヤリサーのパリビならともかく、私のような陰キャだと、仲間の前でちんこ丸出しにしてイヤッホーっと女の子を犯すなんて実際はできないです。でも二次元ならなんでもアリですからね。オタクに優しいギャルもメスガキをわからせるのも異世界転生して無双もなんでもアリ。イヤッホー、二次元サイコーッ!

…さあてと、明日も仕事仕事…


蔵出し170

1990年代のラクガキです。この前後の絵は稚拙すぎて公開できないのが多かったり。

水道ホース直結の高圧浣腸で口から吐くの図。かなり鬼畜で危険な行為ですね。正直、私は抜けません。じゃあなぜ描いた?

第二次世界大戦中、ナチス・ドイツが強制収容所で人体実験をしていたのは有名な話ですが、浣腸でどのくらい水が入るか試したこともあるらしく、7L入ったところで口から排出されたらしいです。いや、もしかすると日本軍の七三一部隊がやったのかも? ソースを探しても見つからなかったので、定かではありませんが。それにしても戦争って人間の狂気が正当化されて恐ろしいですね。

よく触手モノで肛門から口まで貫通するのもありますけれど、そんな勢いよく突っ込んだら消化器官がズタズタになってしまいます。というか人間の腸だけでも身長の5倍あるし。女の子を犯す触手も含めてファンタジーだから抜けるわけで。実際にやったら大惨事でしょうね。

私は女の子が傷つくと可哀そうになって抜けないヘタレ。今後もこういうのは描かないと思うのでご了承願います。だからなぜ描いた?

created by Rinker
¥1,019 (2024/06/12 06:42:43時点 Amazon調べ-詳細)

蔵出し169

1990年代のラクガキでひさびさロリぃの。相変わらずチラ裏に描いていて、背景は紙の色です(しわくちゃだったのでちょっと修正)。

ガムテープ拘束して尻穴をバイブで拡張の図。まだ女の子は苦痛のようですが、小一時間も放っておけば前の穴からよだれを垂らして悦ぶようになるんじゃないでしょうか。いいんだよ、我慢しなくても。

さて、ガムテープと先に書きましたが、ほとんどの人がガムテープと呼んでいるものは実はガムテープじゃありません。本当のガムテープは水溶性の糊が片面に塗ってある紙のテープのことで、水で濡らして使うものとか。

こんなので濡らして使う

なので紙製で表面がツヤツヤして裏面がベタベタしているのをクラフトテープ、布製で厚みがあり、糊がさらにベタベタしているのを布粘着テープと呼ぶそうです。ちなみに銀色の粘着力の強いやつはダクトテープでアメリカ人が大好きなやつ

はい、どうでもいい無駄知識でしたね。

created by Rinker
ニチバン(Nichiban)
¥1,496 (2024/06/13 03:08:13時点 Amazon調べ-詳細)

蔵出し168

これは1990年代の古いラクガキかと。たぶん。

私にしては珍しく、ロリ度低めのボンデージお姉さん。写真を模写したかもしれませんが、ラバーキャットスーツが良く描けているかと。でも結局浣腸なのは30年前から変わらないですね。

ラバーとかラテックスって着用するだけでエロい気持ちになりますよね。上から触ると裸よりなぜか敏感になったり。第二の皮膚とはよく言ったものです。

ラバーってツルツルテカテカなイメージがありますが、あれは光沢剤を塗らないとそうはならないんですよね。あと水分を全く通さないので内側が体液で汚れて洗うのが大変みたいですし。気温の変化に対応できないし。乾かしたらベビーパウダーとか振っておかないと張り付いたり裂けるし。値段もそこそこ高いし。着用するとなると結構ハードル高いです。

なのでSNSとかでテカテカラバーの写真を公開してくれる人には最大限の敬意を払いたいと思います。
(`・ω・´)ゞ 敬礼!