タグ: セーラー服

蔵出し123

1990年代中頃ぐらいのラクガキですが、まさにチラ裏。表は現存する紙の専門商社の同人誌向け紙見本のチラシでした。おそらくコミケで配布されたもので、背景色はまんま紙の色です。

この当時はコミケにサークル参加していましたが、エロ同人誌は作っていません。エロ絵はこっそりオナニー用に描いていたので、この絵が日の目を見るとは思わなかったことでしょう。サークルは健全な弱小創作系でしたが、なぜか作ったコピー誌が一度レモンピープルに取り上げられたこともあったりして。

などと昔語りを始めても誰も興味がないと思うので、本題のラクガキの方へ。前回同様、両穴責めです。蔵出し120の時のように両穴に液を注ぎ込まれてお腹ぽっこり。セーラー服こそ着ていますが髪がクリクリパーマなので、昔のビニ本みたいに女子校生っぽくないですね。

と、また昔語りを始めそうになってしまいました。過去を振り返るより今の同人制作を進めろって話です。そうそう、映画「激走!5000キロ(原題:The Gumball Rally)」でイタリア人レーサーが「後ろは振り返らない」とフェラーリのバックミラーをちぎって投げ捨てたように。って、また昔の話かい!

created by Rinker
Warner Archive Collection
¥4,651 (2024/07/24 09:18:38時点 Amazon調べ-詳細)

蔵出し118

2005年頃のラクガキ。セーラー服少女を拘束両穴責めです。私のやることですから、間違いなくお尻には浣腸液が注ぎ込まれていることでしょう。

制服の下にボディハーネスっていいですよね。学校に通っている間も調教されているって感じで。下着の着用も許されず、仕込みバイブとかあると完璧です。

でも体験者によると異物をずっと膣に挿れていると、慣れて感じなくなってしまうらしいですね。タンポンや赤ちゃんが中に入った状態で、敏感に感じ続けていたら生活に支障が出るわけで。女性ってエッチな気分にならないと性的快感は得られないし、男性同様に賢者タイムもあるので、一方的に刺激し続けて1日中ビクンビクンなんてファンタジーなわけです。

と、ファンタジー描く人がファンタジー否定してどないすんねんって感じですが、科学考証とかちゃんとしていないと途端に萎えちゃうSF好きでもある Tong と私。いい感じに虚実取り混ぜて少女凌辱という大嘘をつきたいと思います。って、イイコト言ってる風で最低だぞ。

created by Rinker
¥1,210 (2024/07/24 07:12:26時点 Amazon調べ-詳細)