Archive for the ‘活動方針’ Category

mezzo forte 2013年


2013年1月13日 23:18 by mezzo forte

遅ればせながらあけましておめでとうございます。

昨年は数年ぶりに作品をリリースできたし、今年もガンガンと行きたいところ。と言いたい所なんですが、前回のエントリーでtongが書いたように、私の本業が忙しくてブログですらロクに更新できない状態です。人生なかなか思うようにならないものです。

とはいえ catwhisker の炎はくすぶりかけつつも、未だ消える様子はありません。私がダメダメでもtongが何やら進めているようですから、そこを期待しましょう。ていうか動け>自分
(さらに…)

tong 年末のご挨拶


2012年12月31日 15:53 by tong

本年はH・H・Gの発売もあり、まずはお買い上げ頂いたお客様にはお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。
それなりにサークルらしい活動も行えたかなと思う一方、後半各メンバー(特にメインで活動していた絵描きのmezzo)の本業やらが忙しくなりブログの更新も滞りがちになってしまうなど、反省も多い一年となりました。
来年も状況的には今年後半と変わりないのですが、二人の内できる方が、ちまちま、じりじりとでも進めていければ良いなぁなんて思ってます。

では以下来年の抱負とか言い訳とか・・・

tong
今年も色々、進めては居ますがなかなかままならないものでございます。
来年こそは何か公開できる物が出来ればとは思いますが、mezzoほどマメじゃ無いのでどうなる事やら・・・

mezzo
あーあーうーあー・・・

という事で来年もcatwhiskerをよろしくお願いします。

mezzo forte う●こ規制


2012年7月27日 23:53 by mezzo forte

あまり知られていないことのようですが、アダルトビデオやゲームの自主規制を行っている団体には日本ビデオ倫理協会(通称:ビデ倫)やEOCS/一般社団法人コンピュータソフトウェア倫理機構(通称:ソフ倫)、コンテンツ・ソフト協同組合(旧:メディ倫)などがあります。

同人ソフトはあんまり関係ないように思われますが、商用の販売ルートに乗せるときには委託先がいずれかの団体に加盟していることがほとんど。そのためこれらの団体の自主規制に合わせてモザイクをかけたり、場合によっては内容まで変えないといけません。時勢に合わせて規制内容は変わってきているようですが、最近はランドセルなどを背負わせたり、小中学生を思わせる表現については厳しくなってきているようです。

細かい規制内容については適当にぐぐってもらうとして、私たちがイマイチ納得できないのがう●こ規制です。以前ユーザーから「排泄物の描写もしっかり欲しかった」という声があったのですが、これは委託先に注意されてモザイクをかけただけで、実はモザイクの下はしっかり描いています。

もちろんスカトロに嫌悪感を抱く人の方が大多数だと思いますので致し方ないかなとも思うんですが、規制の内容が「う●こ単体ならOK、お尻が写ってたらNG」みたいな調子なのでイマイチ納得がいかなかったりもします。

などと書きましたが実は私、別にスカトロファンじゃないです。浣腸とか注ぐのは好きなんですが出るものの方は案外どうでもよかったりします。まさにスカトロの風上に置けない奴。とはいえ絵描きの魂(ガイア)が俺にもっとリアルに描けと囁くので描写に妥協はしませんが。

ここに嫌いな人はいないと思いますが、モザイクの下を見たくない人はクリックしないでください。

mezzo forte パロディの線引き


2012年7月9日 23:22 by mezzo forte

実はDMMDLsiteで扱っているH・H・Gの内容は若干違います。とはいっても内容やモザイクの濃さには変わりなく、ここに挙げたような絵の違いぐらいですが。

我々としては作ったものをそのままユーザーにお届けしたいのですが、大人の事情によってそうも行かないときがままあります。審査を受けると毎回何かしらのイチャモンがついて「そのぐらいいいじゃねえかっ」とか叫びたくもなりますが、売って頂けないと困るので従わないとなりません。

とはいえ、ナンバープレートは元から存在しないものに差し替えているのにモザイクかけろとか、果ては建物にまでモザイクかけろとか言われて閉口。あまりに神経質に指摘されたところについては窓口のtongがかなり抗議してそのまま押し通しました。こーいう時は頼りになる男です。

ちなみにこの宅配便のクイックデリバリーについてはカラーリングとロゴにイチャモンがついてこんな感じに。面白いかどうかは別としてパロディ表現として譲れなかったので、カラーリングは佐○風に変えました。左の車番はその辺の作業で四苦八苦したのとご苦労さんの意味を込めて。

他にも色々と変えているところはありますので、DLsiteDMMの2種類をご購入いただき、違いを見つけて頂くのも面白いかもしれません(ちなみに前回のtongの絵DMM版にはありません)。ウチとしては両方買ってもらえると嬉しいですけれど、肝心のエロい所は全く変わらないのでおすすめはできませんが・・・

mezzo forte 無駄な描き込み


2012年7月2日 22:39 by mezzo forte

そろそろH・H・Gが発売されて数ヶ月経ちましたので裏話でも。毎度毎度蔵出しばかりじゃ飽きますから。私が。

アダルト店の描写についてはゼロからパース引いて描いているものもありますが、取材に行ったり写真をベースにしたりもしています。ただし写真についてはまんま使うと色々な方面からツッコミを入れられてしまうので、その場合はかなり手を加えてあります。

よく見ると文字を打ち直したり画像を差し替えたりと、元写真からかなり描き込みを加えています。だったら最初から描いたほうが早かったんじゃないかと思ったりもしますが、それを認めてしまうと何か悔しいので思わなかったことにします。

描き込みはともかくアダルトグッズには著作権上怪しいものが多くあり、逆に元ネタの方からクレームつくと怖いのでそれっぽいものを適当にでっち上げました。ただし私の想像力というか、後半の方になってくると根気が続かなくなってきたので、背景のアダルトグッズについてはtongにも協力を仰ぎました。以下はtongが作ったパッケージ絵です。

本当はもっと目立つように置きたかったのですが、本人が「やめてくれ」と言っていたのでキャラに隠れて目立たないようにしてぼかしも入れました。でももったいないのでここに晒しておきます。tongからの苦情は知ったこっちゃありませんが、そのうち気づいたtongに消されるやも知れませんので保存はお早めに。

なお以上をパッケージに使いたいという業者の方からのお問い合わせもお待ちしております。tongが請け負うかどうかはわかりませんが。